鏡のうらがわ

渋谷すばる&関ジャニ∞ファンブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

少年倶楽部プレミアムX'masSP

すばるバンドwith長瀬&太一の『Baby Baby』、本当に素晴らしかったです。
さすがプレミアム、クオリティが高い!
何度も何度も繰り返し聞きたくなる仕上がりになっていました。
∞側の四人も伸び伸び歌っていましたが、長瀬くんの声も良く合っていて、素敵なコラボ企画でしたvv
企画してくださった方々ありがとうございます。

そしてすばるファンとしての願望だけど、この曲はいつかすばさんの声だけで聞いてみたい。
『渇いた花』もそうだけど、すばさんだけの声で聞きたい曲がいくつかあるのです。
いつか実現するといいな。

次回のプレミアムは、丸ちゃんと東京事変の亀田さんとの対談。
とっても楽しみです♪




さて、こちらに遊びに来てくださる皆さま、今年も一年お世話になりました。
ぐだぐだ言いながら、来年もすばるくんと∞くんたちを応援していくつもりです。
喪中のため、新年のご挨拶は控えさせていただきます。
皆さま良いお年を。
スポンサーサイト
[ 2010/12/26 16:51 ] Music | CM(0)

∞UPPERSその5

はっと気づけば11月が3分の1終わってしまった。
満たされないまま2010年は過ぎてゆくのね。
そんな感じで

久しぶりに『∞UPPERS』本編を観ました。

アーセナルエースの公園のシーンが一番好きです。
腐ってもすばるファンなのです。
映画館で一緒に見た友人が号泣したのも、このシーンだったそうです。
友人は中学校の先生なのですが、今教えている学校では家庭環境の複雑な子供が多く、そういう子供達と∞くんたちの姿が被ったのと、自分みたいな不完全な人間が教師をしていていいんだろうかという気持ちを持っていたのが、アーセナルの気持ちに重なってしまったようです。
私はそんな深い感動もなく、ただただアーセナルとエースの空気感がツボだっただけです・・・。


初めて映画館で観た時は、エースにとても惹かれました。
すばちゃんがお芝居をしていて亮ちゃんに助けられたって言っていましたけど、それが分かるような気がしました。
感覚的なものでしか説明できませんが、「経験値ってこういうことか」みたいな。
設定を読む限り、ジャッキーの存在の重要さをすごく感じたのですが、本編からはあんまり伝わってこなかったような・・・禁句?笑
ジョニーがジャッキーを好きというのも、そんな匂い(どんなだ)は感じなかったなあ。
エイトに対する執着心は伝わりましたが、それも本人の母性とは結びつかなかったし。
裏設定を気にせずにそのまま観た方がすんなりストーリーにはまれるかもしれませんね。
スーツ姿の∞くんたちはとてもかっこよかったです。
アーセナルがちっちゃい体で銃をぶっ放すところはなんだか笑えましたが(アレ?)。
ストーリーで唯一どうにかならなかったのかと思ったのが、エイトの父親が首相の息子だという点かな。
いくら愛人の子だとはいえ、政治家があんなに分りやすく暗殺を企てるって全然賢くないし何のメリットも無いよね。
エイトを殺そうとしたのが「実の父親」という点のこだわりは分りますが。
ファンタジーだから深く考えてはいけないんですけどね。笑
皆がエイトを通じて笑顔が多くなっていく様子はとても可愛かったですし、買い物のシーンはそれぞれのキャラクターがよく出ていて良かったです。
∞のいろんな魅力が詰まった"ミュージックフィルム"でした。

まあでもすばちゃんが一番かっこよかったけど。

そう本気で思ってしまうところがやはり腐っても(略)。
映画ではないとのことなので、次こそは「映画」というジャンルで∞くんたちをスクリーンで観たいものです。




それにしても
すばちゃんのお芝居がもっと見たいい~~
[ 2010/11/10 22:31 ] Movie | CM(2)

∞UPPERSその4

1曲目『Oriental Surfer』から5曲目『LIFE』までの流れが好きで、そこばかり繰り返して聴いています。
今回は雑誌もたくさん読みました。
アルバム解説を読むのがおもしろかったし、ライブ前ということもあるのか、メンバー全員が楽しそうでまとまった感じなのも読んでいて嬉しかったです。
というわけでまとめて雑誌レビュー。


TVぴあ

【8meets!!】
・第116回 
まるちゃんかっこいい~~~!!!
ドラマは1話では一瞬の出番でしたが(笑)、今後の活躍を楽しみにしています。

・第117回
「ありえたゴールデン」、おめでとうございます。
三人とも頑張ってね。


【勉強しまっせ!】
・84時間目 よこすば
・取材日は9月22日。
・日付が変わると同時に、メンバー全員でやすばのお祝い。
・メンバーで買う物のほかに、横山くんはすばさんにカバンをプレゼント。
・中学生時代、横ちゃんはモテたそうですが、すばさんはモテなかったらしい。笑

・85時間目 りょうくら
・亮ちゃんの口癖は「ウソぉ!」
・たっちょんは最近まるちゃん安くんとカラオケでミスチルをいっぱい歌った。
・髪を切った亮ちゃんに、「"失敗"した?」と訊いたTVぴあ。
「失敗やと思ってるんスね・・・」と悲しい瞳の亮ちゃん。笑
・たっちょんの金髪は当日の思いつきで何も考えてない。

【巻頭特集】
・『8UPPERS』を引っさげたライブにもプロジェクトが関係してくるだろう。
・今回のライブは逆にイメージが湧かない。
「"生みの苦しみ"ってやつでしょうね(キラッ☆)」
・冬のツアーと夏のツアーの違いは寒いか暑いか。
・UPPER=上、ということでメンバーを持ち上げてください。
優しいです、みんな。
すばちゃんのいいところ。
優しい。亮ちゃんが髪の毛伸ばしてっていったら伸ばしてくれた。笑
亮ちゃんのいいところ。
優しいですね(即答)
・白いときはあんまり優しくないけど、黒いときはめっちゃ優しい。笑
雛ちゃんのいいところ。
・(沈黙3秒)ヒナは優しいですね。
・ご飯おごってくれます。
たっちょんのいいところ。
・(沈黙5秒)まあ、優しいんで。
・いつも楽しそうに笑うから、見ているこっちも楽しくなる。
横ちゃんのいいところ。
・(沈黙5秒)ヨコは優しいですね。
・よかった!言ってもらえた!笑
・いろんな人のことを考えてくれる。
安くんのいいところ。
・(沈黙5秒)ニヤニヤしながらすばちゃんを見守るメンバー。
・(さらに8秒後)まあ優しいんでねぇ。
・ありがとうございます!
・気持ちが強いです。
まるちゃんのいいところ。
コーヒーください!
・(およそ1分後)優しいですね。マルは。
・僕ばっかりしゃべってる。笑
マルの優しいところは写真付きメールを送ってくれるところ。
・言える範囲(笑)では普通に自分と撮ったのとか。

紙面からでも十分この楽しいコントの様子が伝わってきます!

・『8UPPERS』全曲トーク。
・『って!!!!!!!』のレコーディングにはやすすばりょうのギターを持っていって使った。
・『ほろりメロディー』の決め台詞へのこだわり。
・まるちゃんは2回録って1回目を使った。
・安くんは初め「おまえしか見えへんし」の台詞を断った。
・浮気した後の言い訳っぽい気がした。
・最終的に解決して言えた。
・決め台詞はすばりょうもやりたかった。
・映像の撮影も楽しかった。
七位一体
・最後にメッセージを。
よっしゃ大倉。
楽しみに待っていてください。
はい、オッケー!


TVガイド(10月13日発売号)

・全員対談。
・安くんは1曲目の『Oriental Surfer』が好き。
・『泣かないで 僕のミュージック』が好きな雛ちゃん。
「オチサビのすばるの歌がめっちゃ印象的」
「ありがとうございます!」
・下ハモ上ハモ縦横無尽にハモったまるちゃん。
・ROCK'A'TRENCHと音楽での交流が出来た安くん。
・一から音作りを聞かせてもらえたり、ギターソロを隣で聞かせてもらったり。
・めっちゃ早くレコーディングが終わったりょうくら。
・スタジオではハーブティーを持ち込む安くん、出来るだけ温かい物を飲むすばさん。
「今年も地元大阪でカウントダウンが出来るので、みんなと楽しい時間が過ごせたらいいなって」
・とにかく頑張るたっちょん。
・"あせも"ができんように頑張るたっちょん。笑
「"最上級の頑張る"気持ちを汲み取ってほしい」。
「着替えとタオルを持って遊びに来てください!」
「ちょっとした高揚感も忘れず、持ってきてね!」

・『8UPPERS』SELF REVIEW
・『BaBy Baby』はイントロのギターのリフがかっこよくて印象的。
・『BOY』はまさにロックでライブで熱くなって暴れたい。
・『Kick』(まるソロ)は「生きることをやめないで」という応援ソング。
・『Revolver』(すばソロ)はキャラ目線で作ったけど、実は自分に近い。
・『きっと幸せがきみを待ってる』(たつソロ)は映像の中で描かれていない裏の気持ち。


ザテレビジョン(10月13日発売号)

・全員対談。
「今回のアルバムで一番好きなのはインスト」
「今回のアルバムはええ曲ばっかり。特に『泣かないで~』のすばる好きや・・・(うっとり)」
「『願い』の大倉、好き・・・」
・「僕は『アニマル・ミュージック』の・・・」(「『アニマル・マジック』!」と雛ちゃんからツッコミ)
・「横山剣さんのイメージに、僕らが乗っかってる感じが好き」
・やすくら合作はベースをたっちょんが書いて、それに安くんが何回か「どお?」の繰り返しで出来た曲。
「ツアーで恩返しします

・フィルム監督による裏解説。
・目の病気でボクサーとして成功できなかったエース。
・TOPOPが赤ちゃんの服を選ぶ設定で、赤ちゃんの服も安くんテイストに。
・全員と繋がるジャッキーのキャラは関ジャニ∞の"核"である村上さんと同じ。
・ある事件でジャッキーに助けられたマック。
・ジャッキーに恋心を抱くジョニー。
・少林寺道場主の浮気相手の息子であるガム。
・渋谷さんの描く独創的(プ)な絵が印象的でアーセナルの趣味が絵を描くことに。
・ソロPVではすばちゃんの描いた絵がバックに使われている。
 
・メンバーのソロトーク。
安くんの自慢パーツはまっすぐで笑うとシワになる目。
・亮ちゃんに初めてサーフィンに連れて行ってもらい、肩がパンパンになったけど楽しかった。
亮ちゃんの自慢パーツは小さな耳。
・最近注目しているのはチン食い虫(ゾエア幼虫)。笑
・まるちゃんの携帯に"月男"と登録されている亮ちゃん。
・感情の満ち欠けが激しいから。笑
まるちゃんの自慢パーツはえくぼ。
・テンションがあがるのはメンバーといる時。
すばちゃんの自慢パーツはなんとなく足腰。←一番弱そうです・・・。
・今欲しいギターがある。店で見つけた時は興奮した。
・気分の浮き沈みは全身でアピールします。
雛ちゃんの自慢パーツは鎖骨のくぼみ。
・毎日が楽しいから落ち込まない。みんなが何に落ち込んでいるのか不思議!
たっちょんの自慢パーツはプヨプヨしているお腹。笑
・夏バテは食べて解消しました。
・最近注目しているのは油絵の描き方。
横山くんの自慢パーツは指。
・嫌なことがあっても表情に出さないので、何を考えているか分からないと言われる。
・最近の注目は坂本龍馬。


TV LIFE

・最近のUPPER&DOWNERな出来事。
・サーフィンとかバーベキューとか。
・ソロ曲のポイント。
・割愛。
・全員対談。
・『アニマル・マジック』はすばちゃんの歌ったデモを聞きながらレコーディングした横ちゃん。
横山剣さんの世界観にすばるの歌の世界観が負けてない。
全体を通してすばる君と亮ちゃんが引っ張ってってくれた。
・今回のアルバムは横山くんの歌声から。
1曲目『モノグラム』の歌いだしはヨコちょ。
俺もいつか自分の声でアルバムの幕を開けてみたい。
このアルバムは死角無し。



他にも、オリ☆スタ(10月15日発売号)はたっぷり特集、ピクトアップには3×2×2に分かれての対談がありました。
特にピクトアップのひなすば対談は良かったです
[ 2010/10/24 18:40 ] Magazine | CM(0)

∞UPPERSその3




ステッカーは三枚入っていました。
銃に花、∞UPPERSの文字に七色の背景、触れ合っている大人の手と子供の手。
銃に花がアーセナルのモチーフみたいで、好きです。

特典DVDの方は、メイキングだけ見ました!
まだ一回しか見ていませんが、おおくらしりとりが可愛いv
本編は新しいテレビが届いてから。
スクリーンで観た記憶を反芻しながら、自分を焦らしています。笑



☆拍手、コメントありがとうございす♪
過去の記事に拍手もありがとうございました!
あの頃もすばさんの髭に悶々としていたなあ~。

続きはRさんにお返事です。

Read More

[ 2010/10/23 02:26 ] Music | CM(0)

∞UPPERSその2

アルバムを開けた時に、まずパンフレットから見たのでした。

何はともあれアーセナル
初め読んだ時に、どういう反応をすればいいのかしばらく考えてしまいました。笑
自衛隊微妙すぎる。
すばちゃんに似合わなくて、まあ、笑えますよね。笑
エアガンやミリタリーグッズに興味を持つ人が、西部劇にはまるのがよく解らん。
かと思うとボクシングにも興味持ってるし。
そういうもん?
どうもしっくり来なくて。
出だしから躓いておりました。笑
監督のアーセナル評が嬉しいですv

アーセナルに影響を及ぼしたエース
何の漫画読んだんだろ。
エースとガムの関係が一番ツボです。
少年漫画に出てくる主人公のライバル役みたいな生い立ちですね。

エースに影響を与えたガム
一番生い立ちがはっきりしていて、道場再建という明確な目標がある。
その分、上2人のような荒みは感じられないんですよね。

ジョニー
異性にモテることでイジメを受けていたけど、子供好きで後輩の面倒見は良い。
何かにつけ助けてくれるジャッキーに、兄弟以上の感情を持っている。
ここもアーセナルの時みたいに、頭の中でイメージが湧きづらかったです。
私が考えすぎなんでしょう。笑
騙された相手というのは、元彼氏じゃないよね?笑

マック
「ある事件」「紆余曲折」って何!?笑
リーダーらしく無難なキャラ設定で、引っ掛かることはそれくらい。
関係ないけど、ジョニーが惚れるなら、ジャッキーよりはマックだと思うんだけどなあ。

トッポ
ガム並にドラマチックな背景を持っており、トッポを主人公に一つ作品が作れそう。
と思っていたら最後の最後で「何かをやり直すつもりで」って、「何か」って何!?
本編に描かれていたっけ。

ジャッキー
何かと重要人物すぎるジャッキー。
唯一同じ境遇のトッポには心を許していたとのことだけど、両親に捨てられた子は「こどもの家」にたくさんいるのでは。
アーセナルもそれっぽいし。
こちらも「ある事件」て何!?
マックの事件と同じ?



とまあ、パンフレットを読むのだけでも時間を忘れて、楽しかったです♪
[ 2010/10/21 02:33 ] Music | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。