鏡のうらがわ

渋谷すばる&関ジャニ∞ファンブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | CM(-)

気になっていた・・・

ドームにジュニアがつくのかどうか?ということですが。
ウェブにひっそりアップされていた予定。


【関西ジュニア夏の松竹座公演/8月19日~28日】


・・・・・・・・・・・・。
東京ではサマリー。
あああああやっぱりドームでもつかないのね
寂しさと不安と・・・。
いや、決定ではありませんがこの状況でバックってつくのかしら?つかない可能性の方が高いですよね
城ホでは∞君たちだけですごく嬉しかったけど、ドームで∞君たちだけだとどうなるんだろう。
うーん、未知の世界だけど、メンバーだけならそれはそれで頑張ってほしいです
春のコンサートでも「出来る」ところを見せてくれた∞君たちですから、夏はもっとパワーアップしているはず
私も一緒に楽しんで盛り上がるぞー
あ、関ジュくんたちも今年も無事松竹座公演が出来るようで、おめでとうございます
行けたら行ってみたいなー





つーか眠れん・・・(只今午前4時半すぎ)
(あっ、下の記事のにっぽんの歌の放送日が間違っていたので訂正しました。失礼しました~
スポンサーサイト
[ 2008/06/17 04:33 ] Live/Stage | CM(0)

ばけーしょん☆

眠れないので、べてらんドラマをリアルタイムで見てしまいました。
本日最終話でございます。

上の空だったので話はよくわかりませんが、伊藤くんが美しかったです。
私が伊藤くんを認識したのは去年夏ごろですが、第一印象は「華の無い内博貴」でした(すみません)。
体も細いし、地・・・いや、控え目な感じの子で。
いつの間にかツヤツヤと育っていますよ。
にーちゃんたちが美味しい物を食べさせている成果がきちんと現れています。
最後の方、運転席に座っている伊藤くんを撮った画は涙が出るほど(嘘)麗しかったです。

べてらんの中では菊岡くんが一番美形なのかな。
歌舞伎系役者のような端正な顔立ちですね。
室兄はやたら背が高く、すばちゃんをかついでいるイメージです(※あくまでもイメージです)。すごくよくできたお兄さんという印象だったりします。
ブンちゃんは不思議系ですよねー。

この個性豊かな面々がすばちゃんと遊んでいるんだなーと想像するのが楽しいのです。
ドラマの内容はよくわかっていません。笑
全話揃ったので、そのうち通して見たいと思います。
お友達(何度か話したことのある人なら)で見たい方いたら今ならダビングしますから声かけてください~。(週末には消すと思う)興味ある人いなさそうですが(;^_^A



あら、丸ちゃんがプードルヘアだわw(°0°)w
「木村拓哉です」だって。笑
昨日は横ちゃんやたっちょんのニュー髪型もどうでもよくなるくらいすばちゃんのことで頭が一杯でしたが(苦笑)、うん、大丈夫大丈夫。ここんとこバランスがおかしくなって依存しすぎてただけ。
最近独り言が多くてすみません・・・。
[ 2008/06/03 10:30 ] TV | CM(0)

∞だよ!全員集合 5/5 2部MC

今回、私が聞いた中では一番楽しかった5日2部のMCをレポさせていただきます。
私の記憶のみで書きますので、正確ではないですし、間違いも多々あるかと思いますが、大体のニュアンスで捉えていただければと思います。

Read More

[ 2008/05/07 19:19 ] Live/Stage | CM(0)

青春バス

神戸のサンテレビで関西ジュニアの『青春バス』という番組が土曜朝の時間帯に始まりました。
先週は見るのを忘れていたのですが、今週は覚えていたので見ました。
レギュラーは兵庫県出身のジュニア3人。濱田くんと佐竹くんと千崎くんです。
進行担当は濱田くんらしいです。
バスに乗ってトークをしながら、兵庫県の名所に行き、そこを紹介するという内容の30分ロケ番組です。
今回は水族館に行って、イルカのショーを見学し、ちょこっとイルカの調教をさせてもらうというロケでした。
それはまあ、特別ジュニアファンではない私にはちょっと退屈だったのですが、合間に挟まれるバスの中のトークがなかなか楽しかったです。
以下、∞に関係のある部分だけ。一度見ただけなので言葉はニュアンスです。

Read More

[ 2008/04/12 22:27 ] TV | CM(0)

3/29聞くジャニ~横&渋~

今日の聞くジャニはすばです。
先週はすばで、ランチ前のさわやかな渋谷さんの声が聞こえたのですが、引き続き今回も絶賛男前ボイスでしたvv
ちなみに前回の通信は二日酔い渋谷さんでヘロヘロでした・・・。
それが一本目だったので、おそらく今日も・・・。
このギャップが∞ですねっ。笑


ああー。もうすぐツアー始まるんですねー。
始まったら、ネタバレ見ないようにしよう。
舞台の時ほど神経質にはなりたくありませんが、やっぱり知らずに行った方が楽しいですもんね。
欲しいグッズを計算していたら、1万円を軽く超えてしまふ・・・。
実物を見て、できるだけ減らすつもりです^^;



∞マーク



☆OP
「皆さんこんばんは、関ジャニ∞の横山裕です」
「渋谷すばるです」
「いやー、やって来ましたね、これ」
「来ましたです!」
「もー、なんていうかね。春も近づいて・・・ね」
「春も・・・近づいてますね(笑)」
「(苦笑)」
「何ですか、そのうっすい・・・(笑)」
「うっすい会話をしようとしていますけども」
「とりあえず(笑)」
「とりあえずというかもう、何というか。あのー、(今日は)3月29日、関ジャニ∞のライブも4月2日か3日か、どっちか分からないですけど」
「3日からですね」
「3日から始まりますし」
「うん」
「最近どうですか?遊んでますか?」
「ま、ちょいちょい遊んでますね」
「なんか後輩をよく連れて行くっていうのを」
「はい」
「よく聞くんですけども」
「後輩と、よく遊んでますよ」
「伊藤(政氏)とか。室(龍規)。キク(菊岡正展)。ブン(浜中文一)」
「はい」
「僕のライブに出てくれてたんですよ。ソロコンサートに」
「うん」
「そのー、東京の方で。
 ほいで~、2日間やって、あいつらも東京泊まりやったんで、
 『昨日何してたん、お前ら。ごめんなあ、飯誘わんで』って言うたら、

 『大丈夫です!僕にはすばるくんがいるんで!』

って言われた」

「はっはっはっは!そうそう(笑)」
「即答が返って来たんで。あ、そうなんかって。なんやねん、そんなん言うなや。今俺のバックで、バックって言うたらやらしいけど、俺とついてきてくれてんのにって」
「うん」
「でも『すばるくんと7時くらいまで遊んでねえ』言うて。『お前、しんどくないんか?』(言うたら)、

 『しんどいはず無いじゃないですか!楽しいだけですよぉ!o(≧▽≦)o♪』

って」
「はっはっは!」
「ていうコメントをねえ・・・。もういっつもあいつ、ほんまにねえ、最近ねえ、すばるのことを、あ、すばるがですけど~、」
「うん」
「後輩や思ってないでしょ?友達や思ってるでしょ?」
「友達ですよ(笑)」
「んははははは」

僕、遊んでもらってるって思ってますからね(笑)」(そんな感じ・笑)

「んー、でもなんかねえ、楽しそうですよ。いっつも」
「うん」
「僕なんか今仕事で会ってますから、言うてもリハとか、ま、あったから。めっちゃ楽しそうやなーと思って」
「楽しいですよ~、もうねえ(しみじみ)」
「うん。伊藤とかも、ご飯とか、ねえ。美味しいとこ連れて行ってくれて」
「そう、もう皆、大人になりましたから。20歳超えて」
「そうそう、そうやね」
「お酒もちょっと飲みながら」
「うん」
「いろいろ頑張っていこうみたいな話しながらね」


すばちゃん、ほんとに楽しそう^^
伊藤くんも、雛ちゃんの愛人状態(・・・)の時はおとなしいイメージがあったんですけど、すばちゃんと一緒だとキャッキャはしゃいでいる感じで。
あ、「すばるくんがいるんで」発言は、てっきり伊藤くんだと思っていたのですが、確定ではないですね。べてらんの中の誰かが言ったのでしょうけど、話の流れを見ると伊藤くんなのかなあ?と思っています。


「そう、伊藤っていう後輩がいるんですけどもー、その、彼が、意外と年いってるんですよ」
「うん」
「大倉と一緒ぐらいなんですよ。確か」
「年は多分伊藤の方が上ですね」
「あ、伊藤の方が上か。大倉より上なんですよ。でも、やっぱ後輩と言われてて」
「まあ、ね」
「ま、入った年数は僕らよりはまあ、下なんですけども。ま、大倉より先輩なんかなあ?(大倉と)同期とか、そんなくらいのレベルですよ」
「そうそう」
「彼はでもね、頑張ってますよね、今」
「頑張ってる」
「そう。ものすごい僕らも大好きな、ねえ、子ですし。皆さんねえ、是非とも応援してあげてほしいかなと思いますけども」
「はい。是非是非」


ただよっさんは亮ちゃん・章ちゃん(と一応丸ちゃん)と同期ですよー。
伊藤くん、うっちーよりは早かったので、そこで混じってるのかな。
年齢はヤンマーと同い年です。
・・・てかいつのまに私こんなことを知ってるんだろ!?(怖)


「ま、僕に至ってはもう、大阪来ても絶対八光さんと遊んでるわ、今」
「ははは(笑)。仲ええよね、八光さん」
「仲ええ。ほんま仲ええな、と思う」
「それこそもう、ほんま友達感覚でしょ」
「俺だって、八光さんの嫁はんより会ってるもん」
「八光さんと?」
「うん」
「ふっふっふ(笑)」
「で、八光さんは、遊びすぎて、なんかアリバイ工作するときに、絶対俺に電話を返さすんですよ」
「奥さんに?」
「ちょっと奥さんと喋ってくれって」
「はっはっは(笑;)」
「巧いこと言うてーみたいな。流れになるんですけども」
「すごいな・・・」
「まあこんな感じでちょっと、頑張りたいと思いますけども」
「はい」
「ということで、よろしくお願いしまーす」

~ジングル~

「それでは、3月12日に発売してまだまだ絶賛発売中・・・だと思っています、関ジャニ∞で『ワッハッハー』です、どうぞ!」

♪ワッハッハー♪


「だと思っています」という言い方がツボでした。笑



☆聞けメロDX

横:セプテンバーさん@RADWIMPS

「横山裕が選んだ曲は、RADWIMPSで『セプテンバー』でした」
「セプテンバー『さん』?」
「『セプテンバーさん』やな」
「うん」
「あのー、すごい今好きです。この曲ばっかり聴いてます」
「ラッド。はまってますよねえ」
「あのー、でもきっかけはすばるやからな」
「そうやったっけ」(出た!)
「うん。あのー、バーベキュー行った時に、すばるがずっとRADWIMPS流してたんですよ」
「そうやったっけ」
「そう。安が持ってる、音楽の機械で」
「あ、スピーカーで?」
「スピーカーで、僕をそっちのけで、二人でRADWIMPSの話をものすごいしてたんですよ」
「ふふふっ(笑;)」
「僕は端っこで、ずっと火を焚いてたんですよ」
「ふうーん」
「それを、僕は羨ましく聴いてて、熱く語ってんのが聞こえてるじゃないですか」
「うん」
「すばると安が、これはここのギターラインがどうのこうの言うて」
「うん」
「この詞が渋いねん、とかいう話をしてて。ほいじゃ、もうそんなん言われるから、聞いてない振りをしつつ、その話も聞いて、曲も聴いてたら、『あ~ええわ』って思い出したんですよ」
「ほえ~」
「うん、ほんま、雨降ってた時やったから、余計良いと思ったんですけど。
 でも僕ねえ、この前錦戸とも話してたんですけど」(何何?)
「うん」
錦戸が、すばるって曲を引っ張ってくるというか、なんか良いって曲をすっごい知ってるよなって話をしてたんですよ」


うわー!!
相変わらずすばちゃんのいないところですばちゃんの話をするどっくん。笑
本人に言ってやれよぉ~~!


「そうかなぁ・・・」
「しかも、こんな言い方したらもうほんまに語弊があるかもわかんないですけど、すばるはRADWIMPSさんが、今ほどメジャーじゃない時から・・・」
「ああー、そうやね・・・」
「うん、ほんまに知ってたんですよ。もう何年前とかいう勢いですよ」
「うん」
「ま、言ったら失礼ですよ、RADWIMPSさんに、ものすごい知ってる方たちにはものすごいメジャーな方たちですけども。僕もやっぱ知らなかったですし、皆も知らないところでこの方良いよ、この曲良いよって言うのを持ってくるのは大体すばるですよ」
「ああーそうかなあ」
「うん。言ってたですよ、錦戸も。すばるってよう知ってるよなって」
「おー・・・」


えー、錦戸押しですみません。
そろそろまた気まずいコンビの聞くジャニが聞きたいです。
どっくん、忙しいからなー。しばらくお預けかなー。


「いっぱい聴いてるんでしょ、やっぱ」
「いっぱい聴くし、なんかその、前ここで紹介したニコっていう、ニコタッチーズザウォールズっていう・・・」
「うん、うん」
「も、たまたまそれ、移動で車に乗ってる時にFMで聴いて、あ、かっこええなって思って買ったんがそれで」
「うん」
「あれ絶対売れますよ、ニコ。と、思う、俺」
「ほえー」
「なんかそういう・・・」
「僕もね、それたまにありますよ。ツタヤとか行った時に、この曲いいなって思うこともそれは人間ですからありますけど」
「うん」
「それを、僕、『誰やろ?』ってまでならないですよ。なるんですけど、どう聞いていいか分からへんし」
「それ、買おうとはなれへんのや」
「や、これ誰?ってなって、誰?って聞けないんですよ。誰か分からないでしょ」
「ああー、まあ聞いただけではね」
「それをどう進めていいか分からへんから」
「あのー、気になったら俺、どっか流れてても店員さんとかに、誰の曲ですかとか言ってまうかも」
「へえー。そうなんや」


ご飯食べに行って注文できないくせにぃー!
服のサイズ聞けないくせにぃー!


渋:Magic@Colbie Caillat


「コルビー・キャレイでマジックという曲を聴いていただいてますけども」
「へえー」
「あのですね。この曲もそうなんですけど。パソコンで、ゆーちゅーぶ」
「うん」
「を見てたんですよ。そうしたら、そのゆーちゅーぶでまあ、『渋谷すばる』ってやったら結構いろんなね?俺のアレが出てきたりして、あーおもしろいなって見てたら、そのー、いろいろまあ、自分で、画像を作って投稿してるみたいなのが結構あって」
「うん」
「それは、ちょっとしたPVみたいなのを作ってくれてるやつがあるんですよ」
「うんうん」
「例えば、自分が気に入った雑誌の写真があって、で、ぱっとカットが変わったらまた別の写真があったりして」
「あー、分かる分かる」
「そこに、音楽もちゃんとミックスして、画像として投稿してあるのを見たら、それに流れていた音楽がこの『Magic』っていう曲で」
「へえー」
「で、最後なんかエンドロールみたいなんもちゃんとついてて、曲はこれですよみたいな。で、この曲が妙に気に入ってしまって」
「なんか夏に聴きたい、めっちゃ」
「そう。あの、サーフミュージック的なもんやと思うんですけど」
「ああやっぱそうなんや!やっぱ俺、そういうこと分かっちゃうんだよね」
「ははっ(笑)。分かっちゃっていいんですけど(笑)」
「うん」
「すごいですよ、だって。女性版ジャック・ジョンソンとも称される・・・」
男性ジャック・ジョンソンが分かれへんから
「(笑)」
「何が凄いんか分かれへんわ」
「シンガーソングライターの、カリフォルニア出身の、デビューアルバム(の収録曲)ですって」
「へえー。夏っぽい、すごい」
「うん。で、他の曲とかもすごい落ち着いた曲で、CD屋とかに行ったら『スローライフにどうぞ』みたいな、ところに置いてあるようなアルバムですよ、これ。お勧めです今、僕、すごい好きで聴いてる・・・」
「ふうーん。じゃ、皆さんも、チェックしてみてください」
「はい」


∞的にゆーちゅーぶは公認なのか。苦笑
でもほんとにこの人たち、こんな感じでファンブログやサイトも回ってるんでしょうねえ。



☆ガチンコMission∞

「じゃあ、すばるが引いてください」
「じゃあ、今週の指令はこちらです!」

噛まずにいえるかな、早口言葉→「出所後社長初出社」(何気にブラックな早口言葉ですね・・・)

一回言えたら良くて、二人とも成功。

「俺、前から言おうとしててんけどさ」
「うん」
お題、簡単すぎじゃね?
「はははははは(笑)。いや、結構ムズイのもあったんですよ。先週、僕と丸がやった時なんか」
「そうなん?」
「うん」
「なんで三回にせーへんの?」
「そうですよね」
「どんだけ下に見てんの、俺を」
「ははははは(笑)」
「残念ながらね。このコーナー、今日で最終回なんですよ」
「そうなんですよね」

うん。そりゃ終わるよ。こんなことしてたら

「そら終わるよね。何の盛り上がりもないもん、今のところ」
「言うたよ俺、だから。終わるって打ち合わせしててさぁ。『盛り上がれへんかったやろ、これ』って」
「こんな最終回、無いですよ(笑)」
「『いや、そんなことはない』とは言われたけど、でも盛り上がってないんだもん、今。これ結局。すぐ言えちゃったんだもん」
「すぐ言えたよね(笑)」


はい、企画を考えたスタッフさんには申し訳ないのですが、私も横すばに同感です。笑
盛り上がってなかったですもん!笑


「もう一回ですか?」
「もう一回やれって。最終回やし」
「俺いっつももう一回させられてんねん」
「俺も何回かあんねん、これ」
「簡単に出来るから」
「じゃあ、初めっからある程度やっとけって話なんですよ」
「三回にしたら失敗したのに」

2回目:なぞなぞを3分以内に答えよ。

「俺これはあかんわ、逆に多分。なぞなぞって」
「なぞなぞ、横、全然あかんよなあ」
「でも二人やろ?これ。じゃ、なぞなぞを発表します。

 『モモ×3。この国へ行け。さてどこでしょう』

「モモ×3。モモモモ。ピーチ。これ書いたほうがいいんですよね。モモ。モモ。モモ。いや、書くんちゃうな、これ。言い方変えるんでしょ、どうせ。ピーチ×3。ピチピチ。ハワイ?」

ブー

「全然分かれへん。×3がポイントでしょ?モモンガ」

ブー

分かってるから。そんな国無いから。
 なんかモモンガ的なこと?掛け算。モモ。モモをほんまに3個かけてって・・・モモモモモモモ・・・・モモモモモモモモ・・・・モーモーモーモーモーモーモー。俺もう言ってる?答え。モモモモモモ。モモモモモモ」
「はははは(笑)」


私はこの時には気づいていたので、すっごいもどかしかったです!笑
てか、すばちゃん考えろよ☆


「モモモモモモ。モモモモモモ。ヒントは?いや、俺書いてんねんで。モモ3個書いてって。何これ?モモ3個書いても何も出てこーへん」
「おお?モモモモ・・・」
「カタカナ?ひらがな?漢字じゃないでしょ、これ」

30秒前

「全然分かれへん。分かった?」
「・・・・・」
「モモ3個。モナコ。惜しいんちゃうん?」

15秒前

「モ。モが六個。!!。モロッコ!!」
「おおおーーー!!出た!!」
「よっしゃ!」
「モロッコ!モが六個で!うわっ、気持ちいいなぁ~~!すっきりしたぁ~~!!すごい、横!!」
「いやいや、出たなあ」
「完璧出たなあ!」
「あー、今のは気持ちいいわ」
「てか、また成功してもうたやんか(笑;)。すげえ!そういうことね」
「どうする?これ」
「いや、もうーだって、盛り上がったでしょ、今のモロッコは」
「まあいいんです」
「リスナーもすっきりしたと!」
「やり方次第ですね。こっちのね」


来週から新コーナーを考えるそうです。
別に、読めオタ∞のコーナーを拡大してくれればそれでいいんですけどね?
そこから∞君たちの近況が聞けたりして楽しいですし。
あーでも、企画さえ良ければ罰ゲーム有りというのも楽しいかなあ。
感謝の気持ちを言ってくださいとかそういうのは良かったからなあ。



☆読めオタ∞

『皆さんは財布にこだわりますか?皆さんの使っている財布はどんなものですか?良かったら教えてください』

「財布・・・」
「どんなん使ってますか」
「僕、財布持ってないんですよね」
「ええー?」
「持たないんですよ、僕。マネークリップと」
「カードは?」
「カードはカード入れを持ってます。ちっちゃいのと、小銭入れと、なんですよ。でっかい財布持たないんですよ」
「逆にめんどくさくねえ?」
「いや、楽ですね」
「カード(入れ)を、だって、3つ・・・、あ、カバン持つからや、すばる」
「うん、でも、手ぶらの時は、カードはクレジットカードだけを抜いて、ポケットに入れて、あとお札と、だけやから。何も持たずに行けますね」
「マネークリップとか憧れんねん、めっちゃ。めっちゃ欲しい、実は」
「いいやん、使ったら」
「いや、だって落とすもん、絶対。やっぱその、大人が持ってる印やん、マネークリップって」
「いや落とさへん。お札を挟んでいるから」
「うん。でもカード入れも持たなあかんやん」
「まあ、そうやね・・・」
「どっちか落とすねん。どっちか落とすねん(2回目)。ポケットがパンパンになるやろ?手ぶらで」
「まあまあ、そうかなあ・・・」
「絶対俺、絶対落とす自信あるもん。で、マネークリップ持ってるってほんま大人だけやん。だって子供ってそんなお札持たれへんやんか」
「うん」
「だからめっちゃやりたい。お金出す時、調子に乗ってマネークリップとか。ここからこうっていうのやりたい」
「はははは(笑)」
「そんなん、絶対やるやろ?すばる」
「いや、そんなんだって、お金払って来いとは・・・」
「後輩とかおったら」
「ま、後輩がおったら出しますけど」
「マネークリップからバッと開くわけでしょ?」
「うん・・・、まあ・・・」
「俺もう、絶対そんなん、後輩にお金おごりたく無いですし~」
「おごりたくないんや?(笑;)」
「おごりたくないです」
「おごってあげましょうよ、たまには~」

それは僕が多分、ジュニアの子いっぱい連れて行った時の遊び方となったら鬼ごっことかなってきますね

「最悪やで、もう(笑;)」
「もうー、それはもう、リーズナブルで遊べる・・・」
「リーズナブルもくそもタダやん(笑)」
「ジュース代くらい、缶蹴りの場合はジュース一本飲んでやらなあかんから、それはそうですけど」
「はっはっはっは。すごいよ。たまには連れてってあげてくださいよ」
「まあ・・・」
「横とも行きたいはずですよ、皆」
「一回行ったんですよ、でも。じゃあ、やっぱねえ。すごいっすよねえ。めっちゃ食うでしょ」
「めっちゃ食う、やっぱ」
「めっちゃ食うねん、やっぱいっぱいおるから。それもね、なんかね、すばるはええよもう、決まった人数しか連れて行けへんやん」
「まあ、そうやね」
「4人とか」
「うん」
「コンサートの時ってさ、その子だけって誘いにくいねん、やっぱり。こいつらも気ィ遣うやろなって。うわ、お前ら誘ってセコイなみたいになる可能性があるじゃないですか。僕が誘われへんかったらそうなるもん」
「うん」
「そうなった時に、それやったらもう、いっそ誘わんでもいいんじゃないかなって思ってしまうんですよ」
「いや、だから僕もそうなんですけど、僕が決める時は、ハタチ以上の子らだけって。決めてる」
「そんなんだったら、めっちゃ多いでしょ」
「いや、だって。大阪の、だからさっき言った4人・・・くらいですよ、今のところ。二十歳超えてるのは」
「ああ、そうなん?」
「それ以外、未成年はやっぱ、僕も責任は取られへんから、何かあったら」
「まあ、そうやね。12時超えて遅くなったりしたり、電車が無いってなったりしたらね」
「そうですよ。成人してる人だけ連れて行きますって」
「まあ、大人の責任をね。果たせますから」
「うん。そういう風にしてますけどね」


☆ED

♪誰よりキミが好きだから♪



ジュニアと鬼ごっこをする26ちゃい(もうすぐ27ちゃい)。
冗談ですけど、本当にやってても違和感なさそうなところがさすがです。笑
八光さんと遊ぶよりは、ジュニアの子を引き連れていて欲しいかも。笑

すばちゃんと伊藤くんの仲が良くて何が嬉しいかって、すばちゃんが好かれているらしいところが嬉しいんですね。
気まずいコンビもそうなんですが、あー、この人すばちゃんのことめっちゃ好きなんだ。って感じられるのが、めちゃくちゃ嬉しいんです。
ちょっと屈折した愛情ですけど。笑
[ 2008/03/30 22:22 ] kj∞ | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。